(下顎前突)

下顎前歯が前方に突出した症例です。

前歯のかみ合わせを正常にするために

下顎前歯の後方移動

 前方に突出した下顎前歯を後方に移動するスペースを作るために

 ①下顎臼歯を後方に移動します。

 ②下顎犬歯を後方に移動します。

 ③①,②の終了後に下顎前歯を後方移動

 インビザライン治療では下顎大臼歯、小臼歯を順に移動します。治療期間が長引く可  能性がある場合には一括移動が可能なカリエールディスタライザーを使用します。

上顎前歯の前方移動

下顎骨の時計回りの回転 

上下顎臼歯を挺出(歯を歯槽骨から引張り出す)させることにより、下顎骨の時計回りの回転を誘導します。

下顎前突では、特に下顎前歯の移動に限界があるため、厳しい症例では外科手術併用矯正治療が必要な場合もあります

カリエールディスタライザー

下顎前突の症例では、

下顎の犬歯ー第一大臼歯間、あるいは上顎の第一小臼歯ー第二大臼歯間に装置をとりつけます。

顎犬歯、あるいは第一小臼歯から顎第一大臼歯、あるいは第二大臼歯の間ゴムを取り付けます。

ゴムの牽引力で、下顎の歯を一括後方移動します。

③下顎の治療と同時に、上顎はインビザラインで治療を続けます。

④下顎犬歯、臼歯が正しい位置に移動後、下顎のインビザライン治療を開始します。 

 

カリエールディスタライザーでは犬歯、臼歯が一括同時後方移動しますので、治療期間が短縮されます。

 

ご自分の不正咬合について、治療に要する期間や費用などについて具体的にお知りになりたい方はこちらより初診予約が可能です。