歯のホワイトニングのすすめ

綺麗な白い歯は誰もがあこがれるものです。また、年齢を重ねるごとに歯も徐々に黄ばんできます。歯が白くなると歯を見せたくなり自然と笑顔が増えます。    あなたの笑顔が周りの人の笑顔を作ります。ホワイトニングで素敵な笑顔を作りましょう。

 当院では矯正治療後のホワイトニング 費用の割引を行っております。

歯のホワイトニング(ホームホワイトニング)とは

濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)は、もともと口腔内の消毒に使われていたもので、その安全性については、
FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。

 

歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。 

ホワイトニングの手順

1.検査:  口腔全体の診査と適応症について確認します。

2.前処置: 機械的歯面清掃や歯石除去などを行ないます。

3.印象採得:歯型をとり、ホワイトニング用のマウストレーを作成します。

4.ホワイトニングトレーの作成と装着

ホワイトニングのメカニズム

歯のホワイトニングとは、生活習慣、加齢や遺伝、その他の原因で黄ばんでしまっている歯に薬剤を用いて、歯の表面を人の目から見て白く見えるように変化させる方法です。このメカニズムとして次の2つが挙げられます。

①着色物質を漂白する

②歯の表面構造を変化させる

エ ナメル質に付着した着色物質が漂白されても下層にある黄色の象牙質の色が透けて見えて歯は白く見えないのです。

エナメル質表層のエナメル小柱の構造が角状から球に変化し 球状となったエナメル小柱表面に光が乱反射して、曇りガラス のようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるわけです。

 

 

ホワイトニングの注意事項

就寝前の2-4時間、使用してください。

妊娠中または授乳中の女性は、行わないでください。

ソフトトレーをつけたままの飲食、喫煙はお控えください。

ホワイトニング終了後、1時間以内は色の濃いコーヒー等の飲食物は控えてください。

酸性の強い食物やジュースは、歯の過敏性(ヒリヒリする、痛み)の原因になることがあります。

歯の充填物やクラウンは歯の漂白に反応をしません。

ホワイトニングジェル材は、熱や太陽光線に当てず、冷暗所に保管してください。

ソフトトレーは長期間使用できますが、熱で変型します ので、水またはリテーナー洗浄剤等で洗浄してください。

歯がしみるときは1日おきか、トレーの装着時間を短縮し様子をみてください。それでも痛む場合は知覚過敏抑剤を使います。知覚過敏抑制剤をホワイトニングジェルと同様にソフトトレーに注入してホワイトニング終了後30分位装着します。ホワイトニングを一時中断しても効果に影響はありません。

多少の外部着色(飲食、喫煙等による)が出た場合、

 

 12日、メンテナンスとして、ホワイトニングを行うことをお勧めします。