①著しい叢生

著しい叢生は

①狭窄した歯列弓を側方拡大

(歯列弓の形をV字型からU字型に変化させる)

②必要なら親知らずを抜歯して臼歯、犬歯を後方に移動する

前歯を可能なら、前方に移動する

歯の形態を修正する

【歯と歯の間を削除(IPR)】

上記の処置を行っても治療できない場合に限り、小臼歯抜歯を行います。

当院では、非抜歯治療の症例が増加してきています。

 

ご自分の不正咬合について、治療に要する期間や費用などについて具体的にお知りになりたい方はこちらより初診予約が可能です。