(開咬)

前歯が咬みあつていない症例です。

上顎前歯の挺出(歯槽骨から歯を引張りだす)

下顎前歯の挺出

上下臼歯の圧下(歯槽骨の中に歯を押込める)による下顎骨の反時計回りの回転

症例の状態に応じて、上記の①から③を単独、あるいは、組み合わせて治療します。

従来の矯正では臼歯の圧下が困難でしたので、開咬の症例は手術を併用することが多かったのですが、インビザライン治療では臼歯の圧下を効率的に行うことができますので、当院で開咬症例で外科手術を併用することは、非常に少ななってきています。

 

ご自分の不正咬合について、治療に要する期間や費用などについて具体的にお知りになりたい方はこちらより初診予約が可能です